ブログのページ   TOP


4月26日

昨日は暖かく今日は雪を融かす雨、スキーシーズンも終盤になってきた。今シーズンは山スキーとアイスクライミングを楽しむことが出来たので充実したシーズンだった。とりわけ相棒の若者はグングンと腕を上達させおまけに体力もバッチリになってきた、僕と行く山行についてくる物好きはそうそういないだろう。

日ごろの体力作りは大事だ、若い人たちに負けてはいられない。なので昨夜もガッツリ鍛えてきた。ベンチプレスは120kgがもう限界、30代前半は150kg挙がっていたのでちょっと寂しいがこれが現実。プロテインを飲めばまだまだ上昇するだろうが太るので嫌だ。焼酎飲んで維持できれば◎です。


4月25日

そろそろGWの天気予報が気になってくる、今年はカレンダーの並びが良く5月1日と2日に休みを取れば超大型連休になるから楽しみにしている人は多いだろう。僕はカレンダーに従うしかないが…。連休後半からテントを担いで山にドップリ浸かる予定だがこれも家を守ってくれる妻がいるからできるのだ。感謝してます。

山の食事にはアルファ米が欠かせない、お湯を注げばご飯になる優れもので災害時の非常食にもなる。でも最近アルファ米は今まで定番だった2食入りが無くなり1食入りしかない、複数人で行く山行ではかさばってしょうがないから困ったもんだ、山行前に封を切ってビニール袋に入れて小分けするしかないな。大規模災害が続いている日本、被災者にすれば一食ごとに使いきれば残すこともないので便利なのだ。山ヤの為に生産してるのではないからしょうがないです、、、

復活してほしい2食入り。


4月24日

昨日は素晴らしい天気なのに椅子に座って講習なんてとても悲しかった。しかし、いずれは為になる講習だったので悲しいながらも我慢ができた。空気が澄んで晴れ渡っていた名古屋は多分白山の山頂部からは名古屋の巨大夜景が見れていただろう。朝方も遠方に雪の山が見えていたが御嶽山や中央アルプスの山々で白山は分からなかった。ビルの屋上からでも眺望すれば見えていたかも…白い山は遠く離れていても見える。

さて、名古屋城の城ランをしているランナーは大勢いてよいトレーニング場になっているんだろう、若い人から年配の人まで多くのランナーがいた。大きな歩道は人と接触することはなくとても快適でした。日本全国のお城にランナーがいるのかな。

記念写真。


4月23日

土曜と日曜は講習で名古屋に行っていたので山はお休みでした。朝から夕方までみっちりと講習を受けたら心身共にくたびれてしまうけど大事な講習だったので我慢するしかなかった。さすがに2日間椅子に座っていると身体に良くないって事が改めて分かった、僕にはデスクワークの仕事なんて絶対に出来ない、、、そういえば座って終わりの一日だったので昼食は摂らなかったな。

名古屋にはもちろんランニングシューズを持参して運動不足を解消した、名古屋城が近かったので城ランするしかないだろう。一周2.7KMのコースを4週回ればもう満足だが、やはりアスファルトの上を走るより山に登っていたほうが楽しくて気持ちが良い。

向かい風強いし。

金のシャチホコ初めて見た。


4月22日

昨夜の地元NTKのニュースの中で白山の空撮映像が流れていた、とても美しいく見渡す限り白一色だった。室堂も雪が多くてまであ雪にすっぽりと覆われていたけど奥社の鳥居の頭が出ていたから白山も雪融けが進んでいるのだろう。そして百四丈滝の真上からの映像も流れていた、初めて見る滝上からの映像はとてもワクワクした、改めて自分の目で見てみたいと思った。

これからの山は雪が降る事があっても増えることはなく減って行くばかり、もう山もすっかり春ですね。。。

鳥居が埋まっている貴重な写真。


4月21日

そろそろ冬山道具やウエア―を整備して片付けないといけない、スキー板はシーズンが終わるとまとめてチューンナップに出すのでモンタナにお任せだけど、そのほかの物は自分でやるしかない。人一倍ウエア―とスキー靴の痛みが激しいのでよーく点検してみよう、どちらも予備を買ってあるので使い物にならなければ交換するしかない。季節の道具は欲しい時に買おうと思っても売り切れで手に入らない、段取りよく前もって買うしかない。

今シーズンお世話になった登攀に使うアックスやアイゼンは錆びないうちにマジックで塗っておいた、錆びてしまうと落とすのが大変だ。シーズン中の手入れは大事だがシーズン後の手入れも大事、命を預ける道具は大切にしないといけない。。。

GWに使う道具たちをヤスリで研いでおいた。



不定期に消しています、記録に無いものは覚えていません。山は逃げないがチャンスは直ぐに逃げてゆく…、完全燃焼を心がけています。。。






[PR]カウンター